青春時代と大きいバスト

わたしは中学生の頃から胸が大きいのが悩みでした。
高校生では、Fカップありました。
A~Cカップは上下セットで可愛い下着ながたくさん売ってるのに比べ、Fカップは可愛い下着の数も少なく、値段も高くなるためいつも下着を買うのに躊躇していました。
また、授業は特に体育は大嫌いでした。
もともと、体を動かすのは大好きでしたが、走ったりジャンプしたりすると胸が揺れるため異性の目がとても気になったのと、なんと言っても揺れると胸がとても痛いのです。

気に入った洋服があっても、なるべく胸が目立たないのを選んできていました。
ワンピースで、胸にラインが入っているものは胸が大きくラインの位置がだいぶずれてしまい可愛くなんてきれませんでした。
シャツも必ずといって、ボタンはしまりませんでした。
また、万年肩凝りがとてもひどく、肩凝りから偏頭痛につながり、定期的に鎮痛剤を飲むほどでした。
大きい胸を隠すため、姿勢も猫背になりましたし、自分に近づいてくる男性は胸目当てではと最初に考えてしまうほどでした。
胸が小さくなりたいと泣きながら何度も何度も思いました。
現在、出産、授乳期を経て、胸の大きさも小さくなりはり張りもなくなったてしまいましが、いいなと思った洋服が普通に着れることがとてもうれしいです。私の思春期は、大きな胸でほんとにたくさん悩みました。
恥ずかしいと隠すことばかり必死になっていました。
今になって言えることはもっと自信持って、せっかくの青春を楽しく過ごしてほしいといってあげたいです。
セルノートの口コミはこちらからどうぞ