カサついた手にハンドクリームでいたわろう

冬寒い季節、また夏の暑さとともに日焼け止めをした後の手のカサつき、どちらも乾燥が原因となり肌以上に酷使していますね。
冬の乾燥は寒さから大事な皮脂を奪っていきますね。
夏は強い紫外線からの乾燥。
どちらにしてもきちんとしたお手入れが大事です。
また日ごろから手を守る工夫を生活の中で取り入れることに目を向けたいですね。

肌と同じようにクリームをつけて潤いを与えていきましょう。
今では数種類ものハンドクリームが販売されていますね。
香りが好きな人はもちろん、パッケージのオシャレさも気分をあげてくれるものです。
きちんと常に常備しやすいものやポーチに入れれる大きさなど忘れないようなお気に入りのハンドクリームを見つけてください。
そうすれば塗るということも楽しみの1つになりますし継続するという形もできてきます。手に意識を向けることが大事なのです。
また冬の寒い時期はお皿洗いや洗濯物を干したりと手に負担をかける仕事などもありますね。
特にぬるま湯で洗うお皿洗いなどする際、ゴム手袋などを使用してみるのもよいかもしれませんね。
ゴム手袋の中にはもう1枚綿の薄い手袋など2重をして使用することをおススメしますよ。
中には、ゴム手袋が肌に合わないという方もいらっしゃるかもしれないので、必ずご自身の手の状態を確認しながら使用してくださいね。少しだけ手をいたわるだけで潤い度も変わってくると思います。肌だけでなく自身の手も潤いを感じて過ごしていきたいですね。
ラシュシュの口コミについてはこちらからどうぞ