貧乳でいるとデメリットがたくさん

私は生まれてこの方、貧乳です。
女に生まれた以上美しくありたくてファッションセンスやメイク、肌のお手入れなどなど外見だけではなく内面に関してもとにかくたくさんの時間と労力を費やしましたが、胸だけは努力してもどうにもなりませんでした。
中学生の頃から貧乳貧乳とことあるごとにからかわれ、高校生の頃にギリギリBカップには成長したけどすぐにAカップ、社会人になってからはAAカップにまで小さくなりました。逆に成長ですよね。

中学生の頃は貧乳であることに悩みました。
男友達にからかわれると、多感な思春期の当時はなかなか傷つきました。
好きな男の子の前でもからかわれ、恥ずかしいやらなにらで…。
高校生にもなると開き直り諦めて貧乳をネタにお笑いキャラへ見事な転身を遂げました。
この頃から貧乳へのコンプレックスは薄れてきましたが、社会人になりさらに胸が小さくなってくると、新たな問題が発生してきました。

1 彼氏との行為の際に自分の裸に自信が持てない
2 下着がやたらと痛い

この2点でした。

1の問題に関しては初体験を済ませた高校の頃からなんとなく感じていたものではあったのですが、さらに胸が小さくなった社会人の今、とにかく自信が無い、胸だけがすべてじゃないとわかっていても自信が無い。
仰向けになったときの胸の悲惨さといったら……。
この自信の無さをカバーするために他のことを努力しえいるので、相手は気にしていないようです。

2の問題はなかなか厄介です。
下着は一日中ほとんど着けるものですから痛いだけで気分が盛り下がります。
人前でブラジャーポジションを直すわけにはいかないので痛いのを我慢してトイレの際に直すといった具合です。
世の中のブラジャーはやたらと胸を盛りたがるのでワイヤー入りがほとんど。
ノンワイヤー、ソフトワイヤーだとずれることずれること。
妙齢の女性がスポブラなるものをつけるわけにもいかず…。
貧乳向けの可愛いブラジャーはやたらと高い…。
女子中学生向けの下着でなんとか可愛いのを探すのですが、そうすると上下バラバラになってしまう。

生まれてこの方胸について悩みっぱなしです。
せめて、せめて人並みの大きさになりたい……と思いつつ今日も女子中学生用の下着を着けて過ごしています。
http://www.teedinmuangloei.com/